私は、友達に飲み物なしで5時間で980円のカラオケがあるから行こうよ!って言われたので行きました。

カラオケボックスに入ったら、料金表みたいなのが貼ってあって、見たら5時間で1700円でした。

友達にこっちの方が正しいんじゃない?って聞いてみても980円だよって言われたので信じてしまいました。

わたしのお金を借りた経験談ですが、20歳くらいの頃です。

遠距離恋愛をしていた彼女が住んでいる東京に遊びに行ったとこの事です。

その日は彼女の誕生日という事もあり、デートにたくさんお金を掛けました。

昔からの夢で私は自分のネイルサロンを開くことを目標に今までやってきました。

けれどどうしてもあと少し開店資金が足りなくて、まだまだ夢を叶えられずにいました。

けれどある時、自分の理想の地域と場所のテナントに空きがあって、早くしないと売れちゃうのだと不動産屋の人に言われました。

お金を借りるというのは、本当に勇気がいりますね。

私の場合は相手が知人だったので、金融機関など第三者の場合はまたどうか分かりませんが、本当に顔から火が出る思いというのはああいうことだな、と思いました。

まずお金自体を借りるということ、そしてそんな金銭事情などが恥ずかしいわけですが、その上友人というのはある意味誰よりも対等に付き合っている仲なわけで、その相手に頭を下げるということにはひどく心理的抵抗がありました。

私がお金を借りたのは、20代前半のことでした。

当時、曖昧な関係だった男の人に頼まれて、15万円ほど貸してしまいました。その頃は、彼のことが好きでしたし「他に頼る人がいない」と言われると見捨てられなくて、渋々貸しました。

彼は仕事も決まり、さぁ返してもらおうと思い連絡をした所「彼女が出ていって通帳も持ってかれた。」と言われ、それは延期になりました。

その後も、何度も何度も返してもらおうと連絡をしたのですが、「入院した・風邪を引いた・お金がなくて何も食べてない」などと。言葉巧みに、何かに付けて断る始末。

私は10代の頃に彼女からお金を借りたことがありました。

彼女が社会人で私が大学生であったこともあり、金銭的に彼女の方がお金をたくさん所有していました。ある日、私はアルバイトを辞めて次のアルバイト先を探している間にとうとう貯めていたお金も底をついてしまい、明け暮れていました。

その時に彼女の方からお金を貸してくれると言ってくれたのです。

最初のうちは彼女からお金を借りることに抵抗を感じており、断っていたのですが、その彼女の優しさがとても暖かく、アルバイトが見つかるまでの間お金を借りることにしました。

数年前、まだ大学生だったときに友だちからお金を借りました。

額は千円で、大した額ではないと思い、急いで返すことはしませんでした。

すると友だちから、早く返せと催促されるようになりました。もちろん真剣にではなく、ちょっとふざけてです。すると私は、それに付き合うことがおもしろくなってきて、返せるときでも返さない、ということをやり始めました。

私は20代前半のとき、友人から借金をしました。当時東京で一人暮らしをしていた私は、大学に行きながらバイトをして生計を立てていました。

その時私は、高価なオーディオ機器やテレビなど、数十万もするような物を買い漁っていました。当然バイト代だけではまかなう事はできず、貯金も殆ど使い切った状態になってしまいました。しかし物欲が激しかった私は、ついに友人に頼ってしまいました。

金融業者から借りようともしましたが、利子や返済期限などの制約もあったため、それは止めました。

以前ですが、車を買うときにどうしてもローンを組むことができずに親戚にお金を借りることがありました。

その時は就職もしていなかったのですが、車が生活必需品な地域に住んでいることもあり、どうしても必要になっての借金でした。

親に最初は頼んだのですが、その時は親も大変な時期で仕方なく近い親戚から借りることになりました。 

自分は高校を卒業した後にバイトを始め、一人暮らしを始めたのですが職場が近かったので免許は持っていても車やバイクは必要ありませんでした。

しかし近かったバイトを止め、新しい職に就こうとするとどうしても車が必要となり買わざるをえない状況になったのです。

貯金はあまり無かったので、親に相談した所「働いてるんだから自分で買え」と一蹴されてしまい、相手にされませんでした。