私がお金を借りたのは、20代前半のことでした。

当時、曖昧な関係だった男の人に頼まれて、15万円ほど貸してしまいました。その頃は、彼のことが好きでしたし「他に頼る人がいない」と言われると見捨てられなくて、渋々貸しました。

彼は仕事も決まり、さぁ返してもらおうと思い連絡をした所「彼女が出ていって通帳も持ってかれた。」と言われ、それは延期になりました。

その後も、何度も何度も返してもらおうと連絡をしたのですが、「入院した・風邪を引いた・お金がなくて何も食べてない」などと。言葉巧みに、何かに付けて断る始末。

私も、彼に貸したあと、翌月の支払いがキツかったので、友人(A子)に10万ほど借りました。

言葉巧みに、のらりくらりと逃げる彼に激怒したA子は、私に言うのです。「訴えろ、全額払ってもらえるから、さっさと訴えろ」と。

ですが私は、まだ彼のことが好きだったので、「訴えることはしない。A子に借りた分は、私がきちんと働いて、キッチリ返すよ」とA子をなだめました。

今、冷静になって考えてみると、彼は入院するお金はあった訳ですし、やっぱり嘘を吐いていたんですね。それでも当時の私は分からず、彼を庇っていました。

A子は「法テラス」を使えとアドバイスしてくれましたが、結局、最後まで使いませんでした。可哀相だったんです。彼は、その後も逃げ続け、ついに県外に引っ越しました。

携帯は繋がるのかも知れませんが、連絡はして居ません。

A子との友情は変わらず、私は今も、お金を返し続けています。